Webビジュアルのキーパーソン

フロントエンドエンジニアの役割いろいろ

最新技術が身近にある環境

主にWeb開発やアプリ等のフロントエンド開発を担うのが、フロントエンドエンジニアです。この仕事における1つの魅力が、技術の刷新が早く、常に最新のWebの技術に多く触れられる点です。そのため技術的なことへの興味関心が高いエンジニアならば、仕事に積極的になれることも多く、優秀なフロントエンドエンジニアになれる素質を持っていると言えます。

しかしこの点は逆にデメリットになる場合もあります。つまり技術の刷新の早さにエンジニアがついていけなくなった場合や、興味を失った場合はわずかな期間でフロントエンドエンジニアとして働くための技術や知識を失ってしまう恐れがあるのです。

若い年代ではその可能性は低いですが、年齢を重ねるにつれてWebに関する関心が薄れたり、体力や気力的な問題などでついていけなくなることがあります。Webエンジニアを含めて、これらの仕事に携わるエンジニアやコーダーの平均年齢が他の分野よりも低いのもこれが一因と言われています。

また現在のWeb界隈では、フレームワークやライブラリの乱立が続いています。目まぐるしくトレンドと言われるフレームワークやライブラリが入れ替わっており、数年スパンで使用しているほぼ全てのライブラリが入れ替わったといったことも珍しくありません。せっかくこれらのライブラリやフレームワークのAPIを身につけても、数年で使わなくなるケースも多く見られます。このように開発者の学習コストが多く求められ、負担も大きいのもデメリットの1つです。