Webビジュアルのキーパーソン

フロントエンドエンジニアの役割いろいろ

スキルと市場価値

フロントエンドエンジニアとは、デザイナーがデザインしたウェブサイトをウェブブラウザ上で綺麗に表示するためのエンジニアです。と言っても、単純にそのまま表示するのではありません。

まず行うこととしては、いろんなブラウザで見ても表示が崩れないよう、綺麗に表示されるように、的確なコーディングを行うことです。この時使うのはHTMLという言語で、ウェブサイトを作る最も基本的な言語になります。

次にビジュアルを整えたりデザインを綺麗にするため、CSSを書きます。こちらは基本的に見やすくするためのものです。このような言語を使い、人に見やすく画面表示もしやすいサイトにしていくのが楽しいものでしょう。

また、最近ではSEOといって検索結果が良くなったり、様々なSNSとの連携なども配慮してマークアップを行っていくこともあります。このため、専門的な知識が必要になり、その分やりがいが大きくなっている仕事です。

JavaScriptというプログラミング言語を使ってスクリプトを書いていったり、プラグインを導入してより動きのあるサイトにしていくことも増えてきています。このような動きはとても華やかで、一度専門的に使いこなすことができれば、技術の優れたフロントエンドエンジニアとして高く評価されることになります。動きは特にCSSやJavaScriptなどを使って作ることになり、特にアニメーションが作れるようになるとフロントエンドエンジニアとしての市場価値もかなり高くなってきます。

需要拡大が見込まれる職種ですので、狙うなら早いうちに取り掛かりましょう。ネットを使えばフロントエンドエンジニアに関する情報はたくさん見つかりますが、まずは、「今」求められているフロントエンドエンジニアを参考にしてみてはいかがでしょうか。